福利厚生の訪問マッサージ、ボディケアで社員の健康管理と効率アップ!社員のストレスケアは会社の責任です。
福利厚生の訪問マッサージ、ボディケアで社員の健康管理と効率アップ!社員のストレスケアは会社の責任です。

HP MENU
 
 社員の心身ケアは会社の責任
 社員の心身ケアは会社の責任


 施術者の心得と求人募集!
 施術者の心得
  施術者募集
  (応募フォーム)

 お問い合わせ
 お問い合わせフォーム
  弊社情報

新着情報
 福利厚生/訪問マッサージ
 のサイトとして
 fukurikousei.com
 というドメインを
 登録しました。

社員のメンタルケア、ストレスケアと訪問マッサージ

■ 伸び盛りの会社こそ陥りやすい労務管理の罠
職場でのストレスは数値として現れることはありませんが
経営者からの目では見えない、社員の心と体の疲労度は
経営者側から見るよりもはるかに疲れている
と言うことに気づいてください。

なぜなら、
経営者であるその人は、たいてい多くの挫折や苦難を乗り越え、自らストレスに強い精神を築き上げ、会社の成長とともに成熟した精神を持つようになった過程を経ている、精神的にもストレスにも強い人であることが多い。

福利厚生マッサージで職場のストレスを軽減!
一方、社員たちは、特に新社会人においては時に自分の回り全体が高い壁のように感じることがあるようですし、ベテランになっても上下関係のパイプ役をうまくやれる人ばかりではなく、円滑な人間関係の構築が苦手なひとや強いストレスを感じる人も多いのです。
当然、職場の人間関係だけでなく、仕事そのものや家庭環境も含めてさまざまな形のストレスに押しつぶされそうになりながら何とか生活している、というような場合も少なくないのです。

落ち込むなよぉ〜やまない雨はないさ。マッサージで肩の荷を降ろそうか!
■ メンタルヘルス対策は会社の義務です!
うつ病社員が年々増えている
2006年に実施したアンケート調査によると、
心の病のために一ヵ月以上休業している社員が、
「現在いる」企業は74.8%、「現在いない」企業は21.6%と、
多くの企業がうつ病等の精神疾患を持つ休業中の社員を抱えています。

会社には安全(健康)配慮義務が課されている
 安全配慮義務とは、労働者が労働するにあたって使用者は労働者の生命および身体等を危険から保護するよう配慮する義務です。
 この義務の中には、健康管理上の配慮義務も含まれています。つまり社員の心身の健康を損なわないよう労働者の健康に配慮して労務管理をおこなう義務が課されています。
 メンタルヘルスの観点からは、
 @病気の予防対策
 A早期発見、早期対応
 B職場復帰、再発防止  の3段階の対策を取ることが求められています。
福利厚生マッサージで社員のメンタルストレスケア!
健康配慮義務を怠るとどうなる?
 例えば、過重な業務やストレスが溜まる業務などが続き、徐々に元気がなくなり、業務上のミスや納期遅れなどが度々生じ、無断欠勤なども度々あり、うつ病と診断され休職に至った場合において、私的な心理的負荷事由がなければ、会社は健康配慮義務を怠ったことになります。
 このケースでは、労災扱いになる可能性が高く、会社は労働基準法上の災害補償をおこなうことになり、民法上は労災保険で賄われない損害部分については、社員から損害賠償を請求されることもあります。最悪は自殺に至るケースであり、業務上の事由により尊い命が失われることになります。

メンタルヘルス面で健全な職場にする
 うつ病は心の風邪だとよく言われます。うつ病(うつ状態)を風邪に置き換えて考えるとわかりやすくなります。
 社員が風邪気味のとき(うつ状態のとき)、あるいは風邪をひいたとき(うつ病になったとき)に、「大丈夫か?」「病院に行って来いよ!」「無理せずに、早く帰宅しなさい!」など言っていることが多いはずです。早期に気付き、声掛けすることで、社員の風邪の悪化を防いでいるのです。これは健康配慮義務を果たしている例です。
メンタルヘルス面で健全な職場とは、思いやりのコミュニケーションがある職場だと考えます。でも、仕事に甘く、社員にも甘い職場が健全な職場だとは思いません。会社は社員の業務負荷や健康に配慮する義務(姿勢)を示し、社員へは自身の能力開発や健康管理のおこなう義務を果たすように指導すべきだと思います。
 皆さんの職場は風邪をひいた(うつ病またはうつ状態の)社員に、現在どう接していますか?これからどのように接していきますか?
そのほかにも
●過労とは
●セクハラとは
●パワハラとは
労務管理の面から見ると会社の存続には、多くの注意点が続々と出てきますが
経営者は、会社の活力源である社員の身体と心の状態に関心を示し、
少しでもよい環境づくりに努める義務があります
特に伸び盛りの中小企業やベンチャー企業において
最も大切な財産であり武器となるのは、
「人=社員」が最も重要で、だからこそ経営者は
社員の身体と精神の状態に興味を持ち、
配慮すべきなのです。

社員のストレスケア、メンタルケアは個人の問題であるというような認識でいて
問題を後回しにすると、いずれは自らの会社の大きな問題となってしまうと考えるべきです。

「メンタルケア」の面から福利厚生でのマッサージ・ボディケアがあなたの会社にもたらす効果は、
「健全なる精神は健全なる肉体に宿る!」という古いですが真髄をついた言葉がすべてをあらわしています。
福利厚生訪問マッサージで気持ちよく働ける健全な職場